NIDSコメンタリー

時宜にかなった国内外の安全保障のテーマについて、タイムリーな論評を提供しています。

2024年

  • イランの史上初の対イスラエル領土攻撃とイスラエルの反撃
    西野 正巳
    Web版Web版
  • NATO の戦略体系 —— 戦略概念、軍事戦略、防衛計画の関係性
    田中 亮佑
    Web版Web版
  • デジタル技術が促進する新たな「たたかい」—— 流動化する国際秩序とデジタル権威主義
    大澤 傑
    Web版Web版
  • 日米比首脳会合の開催 —— 3 国間安全保障協力の行方
    庄司 智孝
    Web版Web版
  • イエメン情勢クォータリー(2024年1月〜3月) —— 10年目を迎えたイエメン内戦とフーシー派の支持拡大
    𠮷田 智聡
    Web版Web版
  • 「独立」と「同盟」のはざまで —— 日米安保体制形成期における模索
    中島 信吾
  • 韓国の「戦略文書」——「 国家安保戦略書 」 を 中心 に
    小池 修
  • 経済面から見たウクライナ侵攻3年目
    小野 圭司
  • インパール作戦から80周年、なぜ日本軍はビルマで戦うことになったのか——開戦初期におけるビルマ方面作戦の変転を中心に
    新福 祐一
  • ドイツの「過去」の克服と日本——「ドイツ見習え論」のその後
    庄司 潤一郎
  • ロシアの国際秩序からの逸脱と強制手段の偏重
    山添 博史
  • 朝鮮半島有事の蓋然性をめぐるアメリカ国内の議論
    石田 智範
  • 中国はウクライナ戦争から何を学んでいるか——ハイブリッド戦争という側面に着目して
    八塚 正晃
  • ドイツにおける戦没・殉職兵士追悼②——ドイツ連邦軍を対象として
    庄司 潤一郎
  • 「米国国家防衛産業戦略」を読み解く
    清岡 克吉
  • インド太平洋における米軍の軍事態勢と課題①——米海兵隊の作戦コンセプトと日本および周辺における近年の演習を中心に
    菊地 茂雄
  • ドイツにおける戦没・殉職兵士追悼①——ドイツ国防軍を対象として
    庄司 潤一郎
  • イエメン情勢クォータリー(2023年10月~12月)——国際社会に拡大するフーシー派の脅威と海洋軍事活動の活発化
    𠮷田 智聡
    清岡 克吉
  • 北朝鮮の「国防科学発展及び武器体系開発 5ヶ年計画」に関する考察 ―現在地と展望地―
    浅見 明咲
  • 安全保障としての半導体投資
    小野 圭司
  • 台湾・総統選挙の結果と今後の展望
    五十嵐 隆幸
  • 米英のイエメン空爆が中東情勢に与える3つの影響——高まる連鎖的エスカレーションのリスク
    𠮷田 智聡

2023年

  • 日本ASEAN友好協力 50周年特別首脳会議——安全保障協力の方向性
    庄司 智孝
  • 第10回拡大ASEAN国防相会議(ADMMプラス)の開催
    庄司 智孝
  • 中国の影響工作概観——その目標・手段・組織・対象
    山口 信治
  • 日本とフィリピンの安全保障協力——背景、進展、そして展望
    庄司 智孝
  • 軍隊でのジェンダー主流化(その6)——軍隊におけるWPS履行の意味合い
    岩田 英子
  • 危機交渉における「弱さを偽る」戦略(下)——明確な脅しを欠いたロシアによる危機交渉の戦略的論理
    本山 功
  • 「アクサーの氾濫」作戦発動から1カ月の中東情勢——ハマースが狙う長期戦とフーシー派の介入
    𠮷田 智聡
  • 海上自衛隊航空基地の成り立ち(全2回)——後編 下総航空基地
    工藤 亜矢
  • 危機交渉における「弱さを偽る」戦略(上)——理論的前提とロシア=ウクライナ間の危機交渉の事実関係
    本山 功
  • イエメン情勢クォータリー(2023年7月~9月)——和平交渉の再開とマアリブ県で高まる軍事的緊張を読み解く
    𠮷田 智聡
  • イスラエル・パレスチナ情勢に揺れる中東政治——「抵抗の枢軸」の介入の行方とGCC諸国の温度差
    𠮷田 智聡
  • ハマスの前例のない対イスラエル攻撃
    西野 正巳
  • 軍隊におけるジェンダー主流化(その5)——イギリス連邦の軍隊を事例に
    岩田 英子
  • 海上自衛隊航空基地の成り立ち(全2回)——前編 鹿屋航空基地
    工藤 亜矢
  • 軍隊におけるジェンダー主流化(その4)——アメリカ合衆国の軍隊を事例に
    岩田 英子
  • 中国人民解放軍による台湾ADIZ進入②——多数機編隊による進入を可能にする「システム」の正体を探る
    相田 守輝
  • インド洋をめぐる大国間の競合—中国、米国、インドの動向から—
    栗田 真広
  • 軍隊におけるジェンダー主流化(その3)——NATOを事例に
    岩田 英子
  • 軍隊におけるジェンダー主流化(その2)——オーストラリア国防軍を事例に
    岩田 英子
  • 進展する中国とロシアの軍事協力——共同軍事演習の多様化と高度化
    飯田 将史
  • 軍隊でのジェンダー主流化——西側先進国軍隊の動向
    岩田 英子
  • サウジアラビア・イラン国交回復における中国の仲介的役割について
    八塚 正晃
  • 米軍における情報戦概念の展開(下)——米海兵隊「情報」戦闘機能と「21世紀型の諸兵科連合」
    菊地 茂雄
  • 米軍における情報戦概念の展開(上)——ソ連軍「無線電子戦闘」(REC)から「情報環境における作戦」(OIE)へ
    菊地 茂雄
  • イエメン情勢クォータリー(2023年4月~6月)——南部分離主義勢力の憤懣と「南部国民憲章」の採択
    𠮷田 智聡
  • ロシアによるウクライナ侵略と国際裁判所——ICJへの訴訟提起とICCによるプーチン大統領の逮捕状発付に係る問題
    永福 誠也
  • ストックホルム発・ヤルタ緊急電は東京に届いたのか——「小野寺情報」をめぐる研究動向とMAGIC 文書からの考察
    清水 亮太郎
  • 中国から見たロシア航空戦力の使い方——人民解放軍はウクライナ航空戦から何を教訓としつつあるのか
    相田 守輝
  • グローバル・サウスにおけるASEAN—湾岸協力理事会(GCC)と太平洋諸島フォーラム(PIF)との関係強化
    須永 和男
  • 米韓ワシントン宣言——抑止戦略における自立と統制
    渡邊 武
  • 尹錫悦政権と戦時作戦統制権の移管問題
    浅見 明咲
  • 台湾に対する懲罰か?米国に対する挑戦か?——ホンジュラスと国交を樹立した中国の狙い
    五十嵐 隆幸
  • イエメン情勢クォータリー(2023 年 1 月~3 月)——イラン・サウディアラビア国交正常化合意の焦点としてのイエメン内戦?
    𠮷田 智聡
  • 防衛省・自衛隊における統合問題の起源 --保安庁創設時の「一軍化」問題
    中島 信吾
  • ASEANにとってのミャンマー問題 --安全保障の視点から
    庄司 智孝
  • 中国が考える「戦略的抑止」-中国の軍事活動を観察する際の参考として―
    岩本 広志
    Web版Web版
  • The "minilateral moment" and the regional security architecture in the Indo-Pacific
    Thomas S. Wilkins
    Web版Web版
  • ロシアのウクライナ侵攻の衝撃 ~ドイツ安全保障政策の転換か~
    14兆円の連邦軍特別基金創設と国防費対GDP比2%達成への見通しと課題
    小橋 史行
    Web版Web版
  • 中露共同飛行:軍事面での一体化が進行
    岩本 広志
    Web版Web版