文字サイズの変更
ローカルナビゲーション
カテゴリトップニュース

最近のトピック

2018年

11月

オーストラリア国立大学安全保障カレッジ研修団の来訪

11月15日、オーストラリア国立大学安全保障カレッジ研修団が防衛研究所に来訪されました。研修団は増田主任研究官と山添主任研究官それぞれによるブリーフィングを受け、中国やロシアの動向を中心に地域安全保障情勢について意見交換を行いました。また、一般課程研修員との間でも防衛にかかわる問題についてグループ・ディスカッションを行いました。

ドイツ指揮幕僚大学(CAPSTONE)課程研修団の来訪

11月13日、シューヴィルト・ライナー陸軍大将(退役)を団長とするドイツ連邦軍指揮幕僚大学校(CAPSTONE) の課程研修団17名が来訪しました。研修団は廣瀨所長と双方の研究・教育体制や今後の交流について懇談した後、阿久津主研によるブリーフィングを中心に、主に朝鮮半島情勢について研究者との意見交換を行いました。教育や研究など多方面にわたる交流を深めるとともに、地域情勢をめぐる日本の視点について意見を交換する良い機会となりました。

10月

10月26日 イスラエル外務省政策研究所長の来訪

10月26日、イスラエルからデイヴィッド・アコフ外務省政策研究所長が防衛研究所に来訪されました。東アジアおよび中東それぞれの安全保障をめぐる政策動向について、研究者間で活発な議論を行いました。

10月16日 インド現代中国研究センター(CCCS)の来訪

10月16日、インド現代中国研究センター(CCCS)の代表団が防衛研究所に来訪されました。防衛研究所の研究者との意見交換では、中国の政策動向や日中関係について活発な議論が交わされました。

9月

9月25日~29日 第22回ARF国防大学校長等会議(ARF HDUCIM)の開催

9月25日(火)から29日(土)にかけて、防衛研究所は東京において第22回ARF国防大学校長等会議を開催しました。会議には23カ国・機関の国防大学校長等76名が集まり、「新たな安全保障課題対応のためのパートナーシップ強化と能力構築」を全体テーマとして、直面する安全保障課題や取り組みについて、発表と活発な議論が行われました。

9月21日 エストニア共和国国防大臣の来訪

9月21日、来日中のエストニア共和国のユリ・ルイク国防大臣が防衛研究所に来訪されました。廣瀨所長や研究者との懇談では、ロシアの戦略動向やサイバー防衛をめぐる諸問題について、活発に意見交換を行いました。

9月19日 中国人民解放軍軍事科学院学者代表団の来訪

9月19日、中国から人民解放軍軍事科学院学者代表団(団長:鄭剣・政治工作研究院副院長)が防衛研究所に来訪されました。廣瀨所長との懇談の後、国際安全保障環境や日中両国の外交・安全保障政策について、研究者間で活発な議論を行いました。軍事科学院からの来訪は4月の戦略対話に続いて今年2度目で、今後も研究交流を継続することの重要性を確認しました。

9月7日 韓国国防大学校研修団の来訪

9月7日、韓国国防大学校安保課程研修団(団長・キム・ジュンソプ教授)が来訪されました。廣瀨所長との懇談後、研究者との間で、日本の安全保障政策や朝鮮半島情勢等について活発な意見交換が行われ、相互理解の一助となりました。

8月

8月30日 『朝雲新聞』紙上で防研研究者が米朝関係について分析

8月30日発行の『朝雲新聞』の特集記事で、髙橋杉雄・政策シミュレーション室長が、米朝の非核化協議について分析を発表しました。日本を取り囲む地域情勢について内外に知見を提供するよい機会となりました。

7月

7月30日~8月3日 日中研究交流の実施

7月30日から8月3日の間、飯田主任研究官以下2名が、中国を訪問し、日中研究交流を実施しました。同交流は、中国の安全保障研究機関等を訪問して、意見交換を実施し、安全保障に関するわが国と中国との相互理解の促進を図ることを目的として実施しています。今回は、中国現代国際関係研究院、中国社会科学院、北京大学、上海社会科学院、および上海外国語大学の研究者らと意見交換を行い、中国の対外政策と内政、改善の途上にある日中関係、朝鮮半島情勢など多岐にわたる分野で議論が交わされ、有意義な交流となりました。

7月18日 中国人民解放軍国防大学代表団の来訪

7月18日、中国から人民解放軍国防大学代表団(団長:趙文華・陸軍少将)が防衛研究所に来訪されました。山本所長との懇談の後、研究者との間で、研究・教育の在り方、中国の軍事力の発展、日中安全保障関係等について、率直な意見交換が行われました。

7月15~21日 東南アジア防衛研究交流

7月15~21日、庄司米欧ロシア研究室長と原田研究員が、東南アジア防衛研究交流を実施するためにクアラルンプール(マレーシア)、シンガポールを訪問しました。マレーシア国防安全保障研究所(MiDAS)で、原田研究員が「『一帯一路』と日本の対応」について関係者に発表し、意見交換を実施した他、マレーシア海洋政策研究所(MIMA)、マラヤ大学中国研究所(ICS)、戦略国際問題研究所(ISIS)、シンガポール国防省、シンガポール国際問題研究所(SIIA)、シンガポール国立大東アジア研究所(NUS-EAI)、東南アジア研究所(ISEAS)、南洋工科大学国際問題研究所(RSIS)を訪問し、意見交換を行いました。各訪問先では、「一帯一路」と南シナ海に関する東南アジア関係国の対応と最新の動向などが主な議題となりました。

過去の行事は過去行事等をご覧ください。

防衛研究所 企画部総務課総務係:
〒162-8808 東京都新宿区市谷本村町5番1号
電話: 03-3260-3019
FAX: 03-3260-3039