金澤裕之 - 防衛省防衛研究所
文字サイズの変更
ローカルナビゲーション
カテゴリトップ調査研究

研究者紹介

戦史関連研究

金澤 裕之(かなざわ ひろゆき:戦史研究センター国際紛争史研究室所員(3海佐))

2000年 慶応義塾大学文学部卒業(日本史学)
2002年 慶応義塾大学大学院文学研究科修士課程修了。修士(史学)
2014年 防衛大学校総合安全保障研究科後期課程修了。博士(安全保障学)
2016年 国立公文書館アーカイブズ研修Ⅰ修了
2017年 国立公文書館アーカイブズ研修Ⅱ修了
2018年 国立公文書館アーカイブズ研修Ⅲ修了

専門分野

日本海軍史、明治維新史

業績その他

  1. 単著
    • 『幕府海軍の興亡―幕末期における日本の海軍建設―』慶應義塾大学出版会、2017年(第3回日本防衛学会猪木正道賞正賞)。
  2. 論文
    • 「勝海舟の海軍論形成-建設と運用の循環理論-」『軍事史学』第42巻第2号(2006年9月)
    • 咸臨丸米国派遣の軍事史的意義」『近代日本研究』第26巻(2010年2月)
    • 「海軍史料の保存と管理-教育参考館を中心に-」『波涛』第213号(2011年3月)
    • 「竹川竹斎の海軍構想-『護国論』を中心に-」『日本歴史』第770号(2012年7月)
    • 「万延・文久期の海軍建設-艦船・人事・経費-」『明治維新史研究』第11号(2014年4月)
    • 「文久期における幕府の海軍運用構想」『史学』第84巻第1-4号(第1分冊)(2015年4月)
    • 「元治・慶応期の幕府海軍と幕長戦争」『防衛学研究』第56号(2017年3月)
    • 「イラン・イラク戦争における航路安全確保のための活動」『防衛研究所紀要』第20巻第2号(2018年3月)
    • 「旧海軍機関学校庁舎の建築史的意義」『戦史研究年報』第21号(2018年3月。共著)
  3. その他
    • 「海上自衛隊における津波対策」『3術校』平成27年号(2015年3月)
    • 歴史公文書等の利用に係る審査基準の作成について」『アーカイブズ』第64号(2017年5月。共著)。
    • "The Creation and Establishment of The Japanese Navy 1855-1923," The Navy, vol.80. no.1 (The Navy League of Australia, 2018.1).
    • 「書評:小川雄著『徳川権力と海上軍事』」『軍事史学』第53巻第4号(2018年3月)。
    • 「幕末日本の海軍建設」『日本戦略研究フォーラム季報』第76号(2018年4月)。
防衛研究所 企画部総務課総務係:
〒162-8808 東京都新宿区市谷本村町5番1号
電話: 03-3260-3019
FAX: 03-3260-3039