文字サイズの変更
ローカルナビゲーション
カテゴリトップ調査研究

研究者紹介

安全保障研究 · 地域研究

新垣 拓(あらかき ひろむ:地域研究部 米欧ロシア研究室 主任研究官)

2001年 筑波大学第三学群国際総合学類卒業
2003年 筑波大学人文社会科学研究科 国際政治経済学専攻博士課程(修士)
2005~
2006年
メリーランド大学国際安全保障センター(CISSM)客員研究員
2007年 外務省 専門分析員
2008年 筑波大学人文社会科学研究科 国際政治経済学専攻博士課程単位取得退学
2008年 防衛研究所入所
2013年 博 士 (国際政治経済学)

研究分野

米国の外交・核・核不拡散政策、NATO核シェアリング制度の変遷

業績その他

  • 単著
    • 『ジョンソン政権における核不拡散政策の変容と進展』、(ミネルヴァ書房、2016年)
  • 学術論文
    • 「ジョンソン政権における核シェアリング政策―NATO核問題と政策協議方式案の採用―」、日本国際政治学会編『国際政治』第163号、2011年3月、68‐80頁
    • 「大量破壊兵器(WMD)不拡散における防衛省・自衛隊の役割―WMDインテリジェンスの強化に向けて―」、防衛研究所『防衛研究所紀要』第12巻第1号、2009年12月、77-118頁 [共著]
    • 「核拡散問題とジョンソン政権―米国の核不拡散戦略の形成―」、筑波大学国際政治経済学研究科『国際政治経済学研究』第13号、2004年3月、43-54頁
  • 書評
    • 「福田毅著『アメリカの国防政策―冷戦後の再編と戦略文化』」、国際安全保障学会『国際安全保障』第39巻第4号、2012年3月、128‐132頁
  • その他
    • 「スーザン・ライス米大統領補佐官の横顔」、西原正監修『再起する日本 緊張高まる東、南シナ海[アジアの安全保障2014‐2015]』、2014年、106頁
    • 「ヒラリー・クリントン前国務長官の残した軌跡」、西原正監修『混迷の日米中韓 緊迫の尖閣、南シナ海 年報[アジアの安全保障 2013‐2014]』、2013年、103頁
    • 「南シナ海問題を巡るオバマ政権の対応と今後の課題」、防衛研究所『ブリーフィング・メモ』161号、2011年1月
  • 防衛研究所 企画部総務課総務係:
    〒162-8808 東京都新宿区市谷本村町5番1号
    電話: 03-3260-3019
    FAX: 03-3260-3039