文字サイズの変更
ローカルナビゲーション
カテゴリトップ調査研究

研究者紹介

安全保障研究 · 地域研究

片原 栄一(かたはら えいいち:特別研究官(国際交流・図書担当))

katahara-e @ nids.go.jp

1983年 慶應義塾大学経済学部卒業
1985年 オーストラリア国立大学大学院修士課程修了(国際関係学修士)
1989~1991年 オーストラリア国立大学政治学部専任講師兼同大学豪日研究センター
リサーチ・フェロー
1991年 グリフィス大学大学院博士課程修了(国際関係学博士)
1991~
1992年
カリフォルニア大学世界紛争協力研究所(Institute on Global Conflict and Cooperation)ポスト · ドクトラル · フェロー
1992~2002年 神戸学院大学法学部助教授(「日本政治外交論」等を担当)
1995~1997年 大阪外国語大学外国語学部兼任講師(「国際関係史II」等を担当)
1997~1998年 大阪外国語大学大学院兼任講師(「国際関係史」を担当)
1997~1998年 東京商船大学大学院兼任講師(「国際関係論」を担当)
1998~
1999年
スタンフォード大学アジア太平洋研究センター(Asia Pacific Research Center)客員研究員
1999~
2000年
オーストラリア国立大学豪日研究センター(Australia-Japan Research Centre)客員研究員
2002~2005年 神戸学院大学法学部教授(「北東アジア政治論」「日本政治外交論」等を担当)
2005年~ 防衛省防衛研究所教官
2008年~ 東京海洋大学非常勤講師(「国際政治学」を担当)

専門分野

東アジア地域の安全保障、米国の国防政策、日米安全保障関係、日本の安全保障政策、米中関係、日豪関係

業績その他

  • 『Partnering Together for a Secure Maritime Future』(共著、KW Publishers、2016)
  • 『ユーラシア国際秩序の再編』(共著、ミネルヴァ書房、2013年)
  • 『Japan's Strategic Challenges in a Changing Regional Environment』(共著:Singapore: World Scientific Publisher, 2013)
  • 『Bilateral Perspectives on Regional Security: Australia, Japan and the Asia-Pacific Region』(共著:Melbourne: Palgrave-Macmillan, 2012)
  • 「亚太地区面临的安全挑战与机遇:日本的观点」 中国孙子兵法研究会(编)『孙子兵法与和谐世界』 (共著、军事科学出版社 2010)
  • 「米国の対アフリカ戦略―グローバルな安全保障の視点から―」『防衛研究所紀要』第12巻2・3合併号(2010年5月)
  • 『東アジア戦略概観2010』(共著、防衛研究所、2009年)(第7章米国を塚本主任研究官と担当)
  • 「Obama Administration’s Foreign and Security Policy and its Implications for Australia and Japan」
  • (日本国際問題研究所 ウェブページ コラム 2009年8月19日)
  • 「The Three Most Compelling Future Challenges Confronting the Asia Pacific Region: A Discourse Across Generations」 23rd Asia-Pacific Roundtable (ISIS Malaysia webpage、2009)
  • 「米豪同盟関係の動向と今後の課題」『防衛研究所紀要』第11巻第3号(2009年3月)
  • 『東アジア戦略概観2009』(共著、防衛研究所、2009年)(第7章米国を塚本主任研究官と担当)
  • 『東アジア戦略概観2008』(共著、防衛研究所、2008年)(第6章米国を担当)
  • 『東アジア戦略概観2007』(共著、防衛研究所、2007年)(第7章米国を担当)
  • 『Asia-Pacific and a New International Order: Responses and Options』(共著、New York: Nova Science Publishers、2006年)
  • 『東アジア戦略概観2006』(共著、防衛研究所、2006年)(第7章米国を担当)
  • 『Asia Pacific Security Outlook 2004』 (共著、Tokyo & New York: Japan Center for International Exchange, ASEAN-ISIS, & East-West Center)
  • 『Forces for good』(共著、Manchester University Press、2004年)
  • 『Asia Pacific Security Outlook 2003』 (共著、Tokyo & New York: Japan Center for International Exchange, ASEAN-ISIS, & East-West Center)
  • 『Coercion and Governance: The Declining Political Role of the Military in Asia』(共著、Stanford University Press、2001年)
  • 『Asia Pacific Security Outlook 2002』 (共著、Tokyo & New York: Japan Center for International Exchange, ASEAN-ISIS, & East-West Center)
  • 『Asia Pacific Security Outlook 2001』 (共著、Tokyo & New York: Japan Center for International Exchange, ASEAN-ISIS, & East-West Center)
  • 「米中関係と東アジアの安全保障」『新防衛論集』第28巻第1号(2000年6月)
  • 『Asia Pacific Security Outlook 1999』 (共著、Tokyo & New York: Japan Center for International Exchange, ASEAN-ISIS, & East-West Center)
  • 「Strategic Changes in Asia-Pacific: Political, Economic, and Technological Dimensions」『Arbeitspapiere zur Internationalen Politik』第100号(1998年)
  • 『Asia Pacific Security Outlook 1998』 (共著、Tokyo & New York: Japan Center for International Exchange, ASEAN-ISIS, & East-West Center)
  • 『日本の外交 · 安全保障政策オプション』(共著、日本国際交流センター、1998年)
  • 「Japan’s Plutonium Policy: Consequences for Nonproliferation」『Nonproliferation Review』第5巻第1号(1997年)
  • 『Power and Prosperity: Economics and Security Linkages in Asia-Pacific』(共著、New Brunswick and London: Transaction Publishers, 1996)
  • 「ポスト冷戦期における日米安保体制のあり方」『ノモス』 関西大学法学研究所、第6号、1995年
  • 『アジア · 太平洋の人と暮らし』(共著、南窓社、1994年)
  • 『Japan’s Changing Political and Security Role』(単著、Singapore: Institute of Southeast Asian Studies, 1991)
  • 「The Politics of Japanese Defense Policy-Making, 1975-88」PhD thesis, Griffith University, 1990
防衛研究所 企画部総務課総務係:
〒162-8808 東京都新宿区市谷本村町5番1号
電話: 03-3260-3019
FAX: 03-3260-3039