文字サイズの変更
ローカルナビゲーション
カテゴリトップ調査研究

研究者紹介

安全保障研究 · 政策シミュレーション

阿久津 博康(あくつ ひろやす:特別研究官(政策シミュレーション)付 政策シミュレーション室主任研究官兼地域研究部アジア・アフリカ研究室主任研究官)

学歴 · 留学歴・在外研究歴

1994年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
1996年 慶應義塾大学大学院法学研究科修士課程修了 (法学修士号取得)
1999年 延世大学校韓国語学堂留学
韓国新亜細亜秩序研究所(NARI)客員研究員
2006年 オーストラリア国立大学大学院博士課程修了(政治学 · 国際関係学博士号取得)
2010-2011年 英国王立統合軍安全保障研究所(RUSI)客員研究員
2013年 米国戦略国際研究所(CSIS)客員学者

専門分野

(主)朝鮮半島の政治 · 軍事
 (副)北東アジアの安全保障、日本の対米 · 対韓 · 対豪安全保障協力、数量的安全保障分析、戦略的 · 安全保障オペレーションズ · リサーチ(OR)、政策シミュレーション(戦略的ゲーミング)

業績その他

  1. 主な著書
    • 「朝鮮半島、危機の変容」日本再建イニシアティブ著『現代日本の地政学―13のリスクと地経学の時代』(第3章)(中公新書、2017年)
    • 「北朝鮮の金正恩体制の安全保障戦略:日本の視点」防衛研究所『平成28年度安全保障国際シンポジウム報告書』(第6章)(2017年)
    • “The Security Strategy of North Korea’s Kim Jong Un Regime: A Japanese Perspective,” The Kim Jong Un Regime and the Future Security Environment Surrounding the Korean Peninsula (Chapter 6) (The 17th Symposium (FY 2016), July 25, 2016)
    • Strategic Japan: New Approaches to Foreign Policy and the U.S.-Japan Strategic Alliance (CSIS/Rowman & Littlefield, 2015年)(共著)
    • China's Power and Asian Security (Routledge, 2015年)(共著)
    • The Koreas Between China and Japan (Cambridge Scholar Publishing, 2014年)(共著)
    • Information Modeling and Knowledge Bases XVIII (IOS Press, 2007年)(共著)
    • The Hegemon’s Alliance Security Dilemma: US accommodation with Japan and the ROK from 1994 to 2004 (The Australian National University, 2006年)
    • 『新しい日本の安全保障を考える』(自由国民社、2004年)(共著)
    • Korea-Japan Security Relations: Prescriptive Studies (Oruem Publishing House, 2000年)(共著)
    • 『国際関係論へのアプローチ:理論と実証』(ミネルヴァ書房、1999年) (共著)
    • U.S.-Korea-Japan Relations: Building Toward a ‘Virtual Alliance’ (CSIS、1999年)(共著)
  2. 主な雑誌論文 · コラム
      1. 「北朝鮮は米国に対する「相互抑止」を確立しつつある」『現代ビジネス』(講談社、2017年6月21日)
      2. 「日本の戦略環境の変化と安全保障OR&SAの基本的役割」『オペレーションズ・リサーチ』(日本オペレーションズ・リサーチ学会、2016年4月号)
    • ‘A Japanese Perspective on North Korea at the Crossroad,' Journal of International Strategic Studies (European Centre of International Strategic Researches (CERIS), 2012年春季号)
    • 「北朝鮮に自制の意思ゼロ」『日経ビジネス オンライン』(2012年4月11日)
    • 「金正日が達成したもの:体制維持を勝ち取ったチキンゲームの中身」『中央公論別冊』(2012年4月号)
    • 「金正恩中心の集団指導体制」『週刊エコノミスト』(2012年1月10日号)
    • 'Japan-China Maritime Relations: Dealing with New Dimensions,' Strategic Snapshots, Lowy Institute for International Policy/MacArthur Foundation(2010年10月)
    • 「日豪・日印・日韓・豪韓安全保障協力の理論的含意-準同盟提携の米ハブ・アンド・スポーク同盟システム維持効果に関する一考察―」『法学研究』(2010年3月)
    • ‘Japan’s Response to North Korea’s Ballistic Missile and Nuclear Adventurism,’ New Asia (2009年秋季号)(韓国語)
    • 「朝鮮半島の安全保障情勢を読む」『MOKU』(2009年1月)
    • ‘Towards a New Security Partnership between Japan and South Korea,’ Japan aktuell-Journal of Current Japanese Affairs(2008年12月)
    • ‘A New Era for Japan-ROK Relations,’ A JIIA Commentary (2008年3月)
    • ‘The New Shape of Asian Security,’ The Journal of International Security Affairs (2007年春季号)
    • ‘Tokyo and Taipei Try to Tango,’ Far Eastern Economic Review (2007年1月号)
    • 「オーストラリアの北朝鮮政策」『外交フォーラム』(2006年9月号)
    • ‘Japan’s Response to the US-Led War on Terrorism and Implications for the Korean Peninsula,’ New Asia (2002年春季号)
防衛研究所 企画部総務課総務係:
〒162-8808 東京都新宿区市谷本村町5番1号
電話: 03-3260-3019
FAX: 03-3260-3039