文字サイズの変更

史料のなかの軍人たち ―知られざる素顔―

海軍中将 阿部弘毅 明治22年~昭和24年〔愛媛〕

-ミッドウェー海戦における第1機動部隊の次席指揮官-

主要略歴

明治44年7月海軍兵学校卒業(39期)、
大正12年12月少佐・海軍大学校甲種学生(23期)、
14年12月「柿」艦長、15年12月水雷学校教官、
昭和3年12月中佐、4年11月第2水雷戦隊参謀、
6年10月第1駆逐隊司令、
7年11月第2駆逐隊司令、7年12月大佐、
8年11月第23駆逐隊司令、9年11月海軍大学校教官、
11年12月「神通」艦長、「扶桑」艦長、
13年4月第14航空隊司令、11月少将、12月海軍大学校教頭、
15年11月第6水雷戦隊司令官、
16年8月第8戦隊司令官、17年7月第11戦隊司令官、
11月中将・、軍令部出仕、18年3月予備役

人物解説

阿部は、兵学校卒業以来、大半を水上艦艇勤務で過ごします。特に太平洋戦争間は、第8戦隊司令官として真珠湾攻撃、ミッドウェー海戦、第11戦隊司令官としてソロモンにおける数次の海戦を歴戦します。今から80年前、昭和17年6月のミッドウェー海戦においては、南雲忠一中将指揮する第1機動部隊の指揮下に、阿部は南雲中将に続く次席指揮官で戦闘します。5日7時26分頃、ミッドウェー島北西洋上において、機動部隊旗艦空母「赤城」を米艦載機が攻撃します。二番機の投下した爆弾が飛行甲板中央に命中して爆発、大火災を起こします。46分頃、「赤城」は通信不能となり、南雲長官は旗艦を軽巡洋艦「長良」に変更、8時30分頃に移乗します。この間、阿部が機動部隊の指揮を執ることになりました。すでに南雲中将から一挙に米空母部隊を撃滅する旨の報告を受けていた連合艦隊に、7時50分、阿部は、「加賀、蒼龍、赤城大火災を生ず、飛龍をして敵空母を攻撃せしめ機動部隊は一応北方に避退兵力を集結せんとす」と報告します。この悲報は連合艦隊司令部の空気を一変させます。阿部は、続いて残存空母「飛龍」の山口多聞少将に「敵空母を攻撃せよ」と命令します。(下掲史料)山口少将も同時刻、「全機今より発進敵空母を撃滅せんとす」と報告します。その後、「飛龍」から飛び立った攻撃隊が米空母「ヨークタウン」を攻撃します。

関連史料

「昭17.5.27~17.6.9 機動部隊 第1航空艦隊戦闘詳報 ミッドウェー作戦」
  (④-艦船・陸上部隊・戦闘詳報・戦時日誌-11)

アジ歴レファレンスコード: C08030023600

戦史史料に関するお問い合わせ:
防衛研究所戦史研究センター史料室相談係   お問い合わせ電話番号: 03-3260-7102(直通)
(受付時間 09:00~16:00、ただし12:00~13:00を除く)

防衛研究所 企画部総務課総務係:
〒162-8808 東京都新宿区市谷本村町5番1号  電話: 03-3260-3019  FAX: 03-3260-3039