文字サイズの変更

安全保障国際シンポジウム

過去の安全保障国際シンポジウムの写真1過去の安全保障国際シンポジウムの写真2過去の安全保障国際シンポジウムの写真3

防衛研究所では、諸外国の著名な有識者を招いて、公開の場で意見発表及び意見交換を行い、安全保障対話の一助にするとともに、一般の方々の安全保障問題に関する認識の深化に寄与するための国際シンポジウムを毎年開催しています。

令和元年度(第21回)令和元年12月10日
「一帯一路構想と国際秩序の行方」

中国の一帯一路構想は、インフラ整備を軸とした経済協力の推進を通じて、国際社会における地位向上を目指す習近平政権の一大プロジェクトである一方、参加国の債務拡大や事業の不透明性も指摘されています。本シンポジウムでは、こうした現状を踏まえ、習近平政権の新たな戦略構想が既存の国際秩序にどのような影響をもたらすのか、内外の有識者を招へいし、多様な分野・観点から議論を行うことで、今日及び将来の我が国の安全保障政策のあり方への示唆を得ます。


日時:令和元年12月10日(火) 9:30 ~ 17:30
場所:ホテル椿山荘東京 ホテル棟1階 ボールルーム(東京都文京区関口2-10-8)
   アクセスはこちら(外部リンク)
定員:300名
入場料:無料


プログラム

8:30~ 受付
9:30~ 開会・趣旨説明等
9:45~11:45 第1セッション:「一帯一路構想をどう見るか」
司会:兵頭慎治(防衛研究所地域研究部長)
報告:一帯一路構想における連結性の理想:蘇長和(復旦大学教授)
   ユーラシア空間での一帯一路構想:
   ヴィクトリア・パノヴァ(ロシア極東連邦大学副学長)
   一帯一路構想と米中競争:
   クリスティン・リー(新アメリカ安全保障センター研究員)
   一帯一路構想と中国の海洋進出:飯田将史(防衛研究所主任研究官)
討論:佐橋亮(東京大学准教授)
11:45~13:30 昼食休憩
13:30~15:30 第2セッション:「一帯一路構想をめぐる経済と安全保障」
司会:庄司智孝(防衛研究所米欧ロシア研究室長)
報告:インフラ開発協力イニシアティブと豪州:
   ジェフリー・ウィルソン(パース米国アジアセンター研究部長)
   国際貿易のありかたの変化:アレッシア・アミギーニ
   (国際政治研究所(ISPI、イタリア)アジアセンター長)
   安全保障分野における機能的協力:増田雅之
   (防衛研究所主任研究官)
   中国人民解放軍の役割:由冀(マカオ大学教授)
討論:秋本茂樹(防衛研究所主任研究官)
15:50~17:30 第3セッション:総合討議「一帯一路構想がもたらす国際秩序の将来」
司会:山添博史(防衛研究所主任研究官)


  • ※日英同時通訳を実施します。
  • ※参加予定者を含め内容は変更されることがあります。

<聴講お申し込み方法>

聴講を希望される方は、申し込み専用ウェブページから、令和元年11月29日(金)までにお申し込みください。お申し込み多数の場合は先着の方を優先させていただきますので、予めご了承ください。
※電子メールにて聴講券を返信いたしますので、印字して当日ご持参するか、スマートフォン画面をご提示ください。
※いただいた個人情報は、本シンポジウムの実施に必要な場合に限って使用いたします。

<お問い合わせ先>

安全保障国際シンポジウム運営事務局(平日:9:30~17:30)
[TEL]070-4018-5027 [Eメール]info@anpo-symposium.jp

防衛研究所 企画部総務課総務係:
〒162-8808 東京都新宿区市谷本村町5番1号
電話: 03-3260-3019
FAX: 03-3260-3039